紅茶時間

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あつい

あついです。

パソコンからの熱気が苦しい。



こういうことをしたいんだけど、そこにたどりつくまでの道筋がはっきりみえない。ということ皆さんないでしょうか。


自分にはそこにたどりつくまでの力があるのだろうか、とか、ちょっとよそ見したら別のものに向かってたとか。

私は「青臭い」という感覚があまりないので平気でこういうこと言っちゃうのですが、「夢」とか「実現したいこと」とかをしっかり見たくても、霧がかかってて、なんだかうまい道筋が見付からないのです。


自分の生活態度とか、はたらき方とか、論文の構成づくりとか、うまくできなくて「ああもっと賢かったら」とよく思います。


ここ2ヶ月くらい、斎藤和義をきいてて、今日ふとPVを見て、「あ、やっぱ私この人の顔は特にすきという訳じゃぁないなぁ」と実感しました。(それに対してCDジャケットとかの写真の取り方って巧妙ですね。かっこよさそうに見えます。というか角度によって、人は表情が全然違うのですね。)

一瞬、「私ほんとにこの人好きでいいのか?」と不可解な疑問を抱き、

「まあでも声が好きなんだし、いいか」と思い直しました。


そのときの「あれ、自分の方向ってこうだったの?」という感覚は色々なことに似ていて、

あれ、私ほんとにこの大学いきたいの?とか、この職業につきたいの?とか、こういう勉強がしたかったの?

とわかりやすく「自分を見失う」状態になる時があります。


なんなんでしょう、こういう感覚。




とりあえず早く寝なよーと言われそうな時間ですので、もう今日はこの辺でやめますが、こういう忙しさの中にあるふわふわした状態はまだ続きそうです。














スポンサーサイト

Top

HOME

shiitan

Author:shiitan
大学M1生。雑貨やガラス好き。ジャズクラブでウッドベース弾いてます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。