紅茶時間

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都

東京の友人が彼氏さんと京都観光に来たので、木曜日は下鴨や金閣を御一緒して、最後に四人で飲みました。

前にあった時より、お互いの話が色々出来て良かったです。

彼女は春から渡米するので、またいつかアメリカで会いたいと思いました。


四月までに勉強しとこうと考えてることも、一年間引きずってしまった絵巻制作もありますが、居なくなってしまう人々にも会っておきたいのです。



今日は なんとなく空虚な気持ちがします。
スポンサーサイト

久しぶりの雪

リツメイの推薦入学者がオリエンテーションを受けに明学館に集まりました。

彼、彼女らの前で、久しぶりにシュールカルテットが結集。一曲だけ演奏して4ホールへ戻っていきました。


高校生達を見ると、「あぁまた4月には駐輪場にちゃりを置く場所が無くなるんだよなぁ」なんて思う訳ですが、それと同時に今までいた人々もいなくなるのです。


夕飯はつげちゃんと食べました。

こうやって同回生の子と会えるのも最後なんだと寂しくなりました。



毎年ここに書くことですが、みんなそれぞれの道を行くのです。

久しぶりに河原町や四条を歩いた。

あの界隈はとても高いお店がいっぱいだ。

何十年後かに 

ああいう物を着こなせる 格好いい女性になってるのだろうか。


なーんて書いてるけど今んとこ どっちでもいいや。



目の前にあるシンプルな時計を大事にしていきたい。

名古屋

浜松に帰省してきました。

で両親と一緒に名古屋に行き、印象派展と劇団四季のマンマミーアを観ました。

印象派展は予想してたより、「いいな」と思う絵が沢山あって良かったです。
他の展覧会と違って、印象派についての説明ボードが多かったのも特徴的でした。

四季のミュージカルは舞台転換が面白いなぁといつも思うのですが、今回も所々驚かされました。
ストーリー性より、そういう部分や歌唱力、あば(パソコンで「B」裏返すのって、どうやったらいいんだ?)の曲の使い方等を楽しんだ感があります。


年久しぶりの家族旅行でした。

山陰

島根県に行って来ました。

石見銀山(ちょっと閉まってたけど。)と出雲大社と、松江を観光し深夜バスで帰ってきました。
深夜バスはきつかったです。

銀山や鉱山がある地域には鬼の伝承があるという論文を読んでいたので、地酒の名前で「鬼」がついたモノとかあるかなーと期待してましたが、普通に旅行している分には見かけませんでした。

ちなみに出雲大社には節分の日に行ったので、豆がそこら中に落ちてました。



松江では小泉八雲の記念館等に入ったのですが、なかなか面白かったです。
近代文学もちゃんと勉強したくなりました。


最近ゼミの先生が京都の町並みについて講義されているので、私も街の景観を今までより意識するようになりました。


だけど松江のバーテンさんから少し聞いた、街と裏世界の関係などを知ると、綺麗なことばかり言っていては本質を掴めないのだと改めて思いました。




各所の感想はもっと色々ありますが、長くなるのでここらへんで終わりにしときます。

新陳代謝

こう、タイトルつけるのって面倒ですよね。

書く内容を包括的に、一言程で表せないですよ。


それはそうと、数日前(29日?)に卒論の口頭試問がありました。

先生方の「おもしろかったですよ」という感想と、ここは今後こういう視点で研究しても面白いね、といった感じの会話が続きました。

年明けから関連文献読んだりしたけど、準備なしでも全然構わなかった内容でした…。


まぁこれからも卒論の続きをするのだから、読んで損はありません。


その日は久しぶりに開放感がありました。

dokiさんと河原町周辺を散策し、古着屋で鞄を買いました。自分にとってちょっと大きな買い物でしたが、これも開放感のなせる技かな。



今日はバンド練二つして、夜にはO友さんが京都にやってきたので後輩達とセッションしました。

こんなに一日中4ホールにいたのは久しぶりでした。



久しぶりなこと続きの数日でした。








Top

HOME

shiitan

Author:shiitan
大学M1生。雑貨やガラス好き。ジャズクラブでウッドベース弾いてます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。