紅茶時間

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コッピー

大学近くの某コンビニでホワイトデーフェアが開催されていた。

で、よく見るとコッピーセットが1000円くらいで売られていてびっくりした。

ホワイトデーにコッピー?ていうかコンビニにコッピー?

注:コッピーとは
正式名称は謎だが(グッピーもいるから本当にそういう名前なのか?)1.5cmくらいの魚で、よくグラスや透明なコップに入れられて売られている。水槽代わりの容器が小さい割に生きていられるのだから、あまり酸素を必要としないタイプなのだろう。ベタ(闘魚)同様“手頃に鑑賞できる”魚の代表格。


偶然居合わせた元芸本仲間に「これすごいよね。斬新だよね。」と言ったら相手は苦笑していた。

やはりホワイトデーにコッピーは奇なるものであろう。


私自身は高校時代まで家で熱帯魚を飼っていた(世話したり繁殖させたりしていたのは父。)ので少し惹かれる所であったが、今の生活では生き物は無理だろうと思いコッピーは断念した。

やっぱ熱帯魚飼うならネオンテトラがいいなぁとか思ってコンビニを出たのだが、そもそも「生き物を飼う」という行為は人間の奢りと他生物への憧憬の結果なので、ためらう部分もある。

そのくせやはり私は実家ではウサギを飼ってもらっているし、水族館が好きなのである。

人間(私)とは矛盾した生物である。



ただ最近の水族館や動物園はレッドデータ、イエローデータブックの生物を繁殖させたり、環境問題を来館者に提起したりして、アミューズメントパークに留まらない部分もあるので一概に否定できない。


コッピーから端を発して偉そうに語ってみたが、結局何が言いたいのかというと単に自由に泳ぐ魚が観たいなぁということである。


日常性からの脱却を憧れながら、実はその日常を享受できる幸せを失いたくない今日この頃である。

スポンサーサイト

ライブ宣伝

2月29日(金)  @VIN-CENT (堀川今出川にあります)
open18:30 start19:00

大友雅弘トリオ
おおともさん(gt) くずはら君(ba) まっきーさん(ds)

万華鏡
ドラエモン(pf) 私(ba) やまさきさん(ds)

良かったらお越し下さい

バイト

バイト先で作業報告をパソコンに打ち込んでいたら、明らかに母語は日本語じゃないだろうなーって方に声を掛けられた。

どこの国の人かわからないけど、ここの大学院で日本文学を学んでいるらしい。

私のバイトの管轄の先生の研究生らしく、私の仕事とは違い浮世絵をパソコン上で加工し、いづれはアートリサーチセンターのデータベース化させるのだという。
確か大英博物館所蔵の浮世絵だと言っていたような気がする。

とても日本語がfluentで、あぁやっぱ外国から来て日本に興味のある人は沢山いるんだなぁとドナルド・キーンを思い出しながら思った。


他にもデジタル化についてや誰がどんな研究をしてるとか色々教えて頂けそうだ。


こういう出会いがあるとなんだか嬉しくなる。

四つ葉のクローバー

某幹部バンドの話ではありません。

京都に住んで3年目。昨日ついにヤ○カタクシーの四つ葉のクローバーを見ました。

バイト(アートリサーチセンター)へ行くため、朝仁和寺の前をチャリで走ってたら

スッとタクシーが衣かけの道を行くではありませんか。


あれ~あのタクシーの車体、なんかクローバーの絵に違和感あるなー って、えっ四つ葉?
ってランプも四つ葉じゃん、幻の四つ葉タクシー?!

という感じで唖然としてる間に見えなくなってしまいました。

まるで流れ星が一瞬で消えてしまった様でした。


四つ葉のクローバーを見つけると良いことが起きると言われますが、滅多にないものを見つけること自体が幸運なのではないでしょうか。

早起き(私にしては)するといいことありますね。




さて今日また髪を切りました。

なんと前の担当さんが、自分の店がOPENするまで知人の美容院で働いてるという手紙を下さったのでそこに行ってきました。ル・クラブの近くです。

こうすぐ切るようじゃ、もう一回の頃のようなロングは無理だろうなと思いますが後悔してません。

さっぱりしました。



で、ついでに文博の東山魁夷と川端康成展を観に行きました。

平山郁夫といい東山魁夷といい、私は岩絵の具で描かれた柔らかくて綺麗な風景画が好きなんだなということが確認できました。

あと日文ながら川端康成について全然分かってなかったので、美術方面にもひどく興味があったとか知れて良かったです。

それから結構色んな美術館から借りた絵が多くて、なんかいつもより文博頑張ってる?などと偉そうなこと思いながら(決して中傷の意ではありません。褒めてます。ていうか他の展覧会でも作品の貸し借りはしているはず。)まわりました。



この展覧会が発端ではないのですが、キュレーターについて勉強しようかと思い始めました。

誰か良い資料があったら教えてください。




二月が半分過ぎてしまった。

病状その2

薬の効き目を報告しに病院へ。

なんとなく咳の頻度や程度は軽くなっているけど、治っている訳ではない、と咳き込みながら伝えると別の薬を試すことになった。

喘息の人が持ってるようなやつで、容器をくわえて噴射した薬を吸い込むというもの。

あとは前回の薬から抗生物質だけ抜いたものをもらった。

それから今日は血液も抜いたので、検査結果を教えてもらいにまた金曜に行くことになっている。


別にこの一ヶ月間に病院に行くことはいいのだが、一生続くようだったら嫌だと思った。

咳以外は至って健康(なはず)なのだが。


自分のやってることや考え方や生活の仕方とか全てが間違っていそうで怖い。

病状

一月中旬から咳が止まないでいる。

ここ一週間程は息が吸えない瞬間もあるので再び病院に行くことにした。(いつもとは別の診療所)

風邪の後にかかるアレルギーのようなものではないかと診断された。

人混みやハウスダスト等に体が反応しているのかもしれないらしい。

とりあえず5日分の薬をもらい週末に再診することになった。

今日はレントゲンを撮るだけだったが、まだ治らない場合は血液検査をしてもらう予定である。




今日RAGに行ったらグリニッヂで知り合ったお客さんにワンドリンク・ワンフード分を奢って頂いた。
私のライブにも来ていただけるという。

ありがたい限りである。

娯楽

久しぶりに東京事変の変なアルバムを聴いた。

こんな時間に流すもんじゃないなと思うけど、やっとレポートのめどが立ってきて

なんか変なハイテンション系が似合う夜な気がする。




絵が描きたいなぁ





2月はいりました

最近ブログを更新してなかったのですが今日は書こうかと思います。

空白の数日間に何が起きたのかというと

咳が止まらず

時間間違えて古文書実習のテスト受けられなくて

友人達と変なアジア系レストランに行き

先生から借りたJ・タレルのDVDを観て

さっき音やでライブしてきました。




今日のライブは楽しかったです。来てくださった方々ありがとうございます。
新陳代謝で皮膚が剥がれた指を使ったせいで内出血してますが、実家に帰ってる間になんとかなればいいなぁと思います。






ものすごい速さで一ヶ月がすぎるので不安になります。
ただ、ちゃんと折り合いをつけて色んな分野を生活に組み込めないものかと考える訳です。


大学4年間で得られるものは沢山あるはずと考える訳です。

一つ一つが奥深い分野に対し、自分がどこまで関わっていくかは自分次第なのです。



こんなことぐるぐる考えて2007年度を過ごしてきました。



うーん




とにかくもう今日は寝て、百鬼夜行レポートは明日引きこもってひたすら書くことにします。

Top

HOME

shiitan

Author:shiitan
大学M1生。雑貨やガラス好き。ジャズクラブでウッドベース弾いてます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。