紅茶時間

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咳が止まらない

今日学校でやった事

・インターンがらみのバイトの研修
・5限の授業
・シュールなコンボ練

あとまあ細々した事とか


なんか色々考えたりへこんだんだけど、そんな事で悩む自分を嘲笑する自分もいるので
まぁ前とか昨日よりマシかと思う。


咳が止まらないのがつらい。



でも赤や黄色になった葉っぱ達を見ると少し嬉しくなる



意味のない日記だなあ
スポンサーサイト

卵粥

意識的にか無意識にか

SOS出したら反応してくれて



逆に向こうのSOSにも反応したら

お礼を言われた



そんだけだけど すごくうれしい




独りで生きていくなんて無理なんです

区切り

衣笠学祭が終わって

なんだかぼぅっと考える



演奏してる最中はものすごく寒かったんだけど、どのバンドも「愛おしい」という感覚に陥った。


たとえば『』の演奏中に4人で盛り上がったり

後輩達の演奏にベースラインを付けたり

幹部という立場でも一緒に頑張ってきたバンドとか

長年の付き合いで決めの位置がわかる同期の子とか











受験を意識しすぎているのだろうか




来年もやりましょうよ とか

ラストライブ一緒に出られてテンション上がる とか

出演してくれてありがとうな とか

上手くなったな とか





昨日今日で色んな言葉をもらって

すごくすごく嬉しい





でも来年がこわい

私からしてみたら

勉強を一生懸命している友人とか

説明会に行ってる友人とか





そして自分何やってんだかって






マイペースに頑張ろうと決めたはずなのに










久しぶりにヨエコの曲をyoutubeで聴いたら

新しくアップされてるもののひとつに

夜は自己嫌悪で忙しい というような歌詞があった




別にそこまでも落ち込んでる訳じゃないけど

ゼミ発表と学祭をやり終えた高揚感の後は



なんだか落ち着かない





私は過去と未来と比較しなければ現在を確認できない人間で

肩の力を抜いて今を生きたいのに



こんな駄文を書いて人様の目に付く場所におくのが まずイタイ


じゃあこんな日記書くなよ




ネクラでもしょうがないけど それでうんざりされたくはないな






もう寝てしまおうか

百鬼夜行と私

ゼミ発表が終わりました。


数ヶ月前からずっとどういう発表にするか悩んで悩んで

でも10月のある日、突然「これは…」という仮説が浮かんで

急ピッチで色々調べて



今日3回生、四回生、先生の前でプレゼンしました。



言葉に詰まって「えっと」とか言ったり、巻いてた紙がぐちゃっとなって「あぁ」とか呟いたり


そんなこんなで約40分喋って



拙い発表でしたが



4回生や先生に「発想が面白い」と褒めていただけました






自分の発表に人がどう評価するか

少しひねくれた考え方で臨んでいたのですが




「良かったです」と言われたら

素直にうれしくて ありがとうございます と言いました





それから卒論に向けて色んな見地からの考察も指摘して頂きました






この半年の疲れが浄化された気がして


授業が終わったら一個200円のプリンを買ってしまいました




来年の卒論はどうなっているでしょうか






さあ そして明日は衣笠学祭です。



わあああああああああああああ

明日輪転かける予定のレジュメなのにぃ

なんで私のパソコンからだと蔵書検索の欄が小さいんだよぉ出版年わかんないじゃん

RAINBOWのばかーもっと使いやすくしろー

何時に寝れるか見当もつかないじゃん

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ


こんなこと書いてる暇無いのに愚痴ってみた

まいぺーす

よく他人に「マイペース」だと言われます。

B型とか水瓶座の占いにでさえ、個性的でマイペースと書かれます。

別にそれはそれでいいんです。


のんびり、ゆっくりと生きることを叱られないで育ったせいか

それが私の基本になっています。



でも友人達が日々何かに悩んでいるの知ると

その人を心配すると同時にどこかで

自分はこんなんで良いのかと考える瞬間があります。

こんな考え方の進路選択とか、現状とか、人生なめてる証拠だろうかと思ったり。

もっと他人を大切にできないのかと思ったり。




ただ


ゼミ発表や衣笠学祭間近で実はせっぱ詰まってる状態なんだろうけど、
最近は数ヶ月前のように「苦しい」という気持ちがずいぶん減りました。

忙しくても、自分を追いつめたとしても

向かう先に楽しみや歓びや幸せなものがある気がして

自分の中でぐるぐる廻ってる何かが、簡単に「悩み」というジャンルに入りません。





ゆっくり

本当にちょっとずつ

一つ一つの事をこなそうとし出しました。



これは私がマイペースな人間だからでしょうか


それとも


この数ヶ月で色んな事を体験して


考え方とか

見方とか

聴き方とか

人間関係とか

沢山の事が少しずつ変化したからでしょうか



両方なのかな



どちらにしても


着実に今を生きたいのです





みんなそういう時期なんでしょうね







暇な人達へ

という題名でまついさんからメールが来た。


youtubeの動画紹介だった。

「懐かしのあの曲」と送信先のメンバーでピンときた。



やっぱり『冒険』だった。




まついさんが東京に行っちゃって

でも たまにこっちに来たらいつも演奏してくれる曲。

去年の9月に諒友館地下で一緒にやった曲。







なんかわかんないけどちょっと泣きそうになった。





今週末も諒地下でライブする。


去年と全然違う企画だけど。





がんばろ。


学祭

二日連続BKC学祭が無事終了いたしました。

朝、どうしても9:00に到着できなかったり、一日目はグリニッジでライブしに途中で抜けてしまいましたが、少しは設営とかに役立てられたかな?という気分です。

とbちゃん達の奮闘ぶりに頭が下がりました。


プレイヤーとしては、当日まで一度もリハした事なかった曲やったり(グリニジの方)、全然アップ出来ずに弾いたり(学祭の方)と、なんかわたわたしたんですが「冷静に楽しんだ」感じです。
ピッチ悪かったけどね…。


やっぱ最低限「弾ける」と言える曲のレパートリーが多かったり(または初見でも弾ける)、もっと落ち着いて演奏に望める演奏者になりたい。




さぁ来週は衣笠学祭です。



雨がぜったいぜったいぜったい降りませんように。

控え室として押さえられてる練習室がないんです。




あぁ神様どうか来週末を晴天にしてください。



歯ブラシとコンタクトの保存液

昨日インターンで京都国立博物館の「狩野永徳展」に行ってきました。

見応えのある屏風や掛け軸達がいっぱいありました。

空間を表現するのに金箔を使うという、日本中世美術の発想がすごいです。

外国にもモザイクとかで金を使うこととかあるんだろうけど、金の屏風っていう日本の芸術は威圧感があります。


唐獅子図屏風に出会った時は、予想外に圧倒されてしまいました。





世の中には色んなものがあって、

それらに触れるとお腹がいっぱいになって

だけど同時に、もっと触れたいと思うのです。



明日はBKC学祭です。

花屋

嵐電の白梅駅前に小さな花屋さんがある

ハロウィンのジャックが売られなくなったら、今度はクリスマスチックなものがちらほら


もうじきポインセチアの季節。

ちっさいのを赤、ピンク、クリーム色、と並べて部屋に飾りたいなぁ







やりたいことは色々あって、やりたくないことも色々あって


自己嫌悪と、幸せな気分と、風邪薬による眠気がマーブリングされて


気付けばもう午前一時


わぁぁぁぁぁぁぁ



All Of Me & All Of You

週末から今日にかけて色々あった。



夜中、普段できないような会話とかしたり

Yちゃんと北山や青蓮院のライトアップを観に行ったり

長野県の小学校を見学しに行ったり。




青蓮院は青い光がほんのり輝いていた。


子どもたちは生き生きと輝いていた。


そしてそれを観て、教育について様々な考えを廻らせる院生や4回の先輩方、同級生達。



自分の周りはすごく瑞々しくて


なぜか無性に泣けてくる程感動した。



来年採用試験を受けるつもりはないんだけど、


他人に何か伝えられる大人になりたいと強く思った。




そのためには毎日小さな一歩を。


自分のペースでいいから。


前進あるのみ。










インターンシップで堂本印象美術館へ見学しに行きました。

特別展の絵をよくみると、絵の具の材料がきらきら光ってました。

あんまこういう表現にしたくないけど、強いて言えばラメみたいな感じです。

水晶なんとかっていうらしいです。もう忘れてしまった…。

つまり宝石を粉末にして膠にかわで溶いたってことでしょうか。

美術手帳の何号かに画材特集があったからそれ読んで勉強しようかな。なんて。


日光に当てたら反射がすごく綺麗なのかも知れないけど、そうすると作品が傷んでしまうのがやっぱり美術館の痛いところ。



どんなものでも、作品を最大限活かせる表装や美術館であってほしいと思う訳です。


ライブハウスで言うなら、いい音響やいいPA、いい雰囲気。



何かしらで表現される(された)「作品」を引き立てる空間というのは大事なものです。





美術館かぁ…









Top

HOME

shiitan

Author:shiitan
大学M1生。雑貨やガラス好き。ジャズクラブでウッドベース弾いてます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。