紅茶時間

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血の巡り

最近立ちくらみが酷いです。

昔からそうなんですが、1分しゃがんで立ち上がろうとすると、頭の血がサァーってなってクラッとします。

図書館やCDショップ等の低い棚の品物を眺めていると大抵起こる現象です。

クラッとするだけならいいんですが、視界が白や銀色になったりして風景が見えなくなることが多いです。

まぁ何年も前からの事なので、もう慣れて、ちょっと見えなくてもちゃんと立ってられたり、数歩は歩けるようになってます。

ただちょっと心配なのは、最近3時間くらい立ちっぱなしで本屋を物色してたら、足が立ちくらみの時の頭のように血が引いていく感覚になったということです。

あとしゃがむ時間が短くてもクラッとする事が多くなった気がします。

気がするだけかな?


血圧が人より低いらしいのは知ってるのですが。

運動不足か、食生活の乱れか、遅寝か、そこら辺が原因でしょうか。


どうしたものか(´_`)

スポンサーサイト

今日一日の感想

・演奏中の雰囲気づくりってとても大事だ

・CD借りると意外な掘り出し物に出会う

・アイロンがけって、テンション低い時にするとかなり苦痛

・グループ作業で仕上げるレポートってややこしい

・00時過ぎて卵焼き作るのは健康に良くないんだろうなぁ

・民主党の圧勝が予想以上だった

・グループレポートほんとやだ

・ピアノトリオしたいよー

・グループレポートほんとやだ

・本の置き場所が無くなってきた

・グループレポートほんとやだ

・もう寝たいよー

・さっき借りて今初めて聴いてるんだけど、DAN NIMMER TRIOの『TEA FOR TWO』ってアルバムが気に入った。これでかろうじてテンションをあげている。

・もう寝たいよー

・グループレポートほんとやだよぅ


もういい加減書くの辞めるか。


どら焼きと酎ハイ

京大セッションに後輩誘って行ってきました。

前みたいな緊張とか、終わった後の落ち込みはありませんでした。

たぶん慣れたからでしょう…。京大BOXとかメンバーとかに。


それから、最近なんか色々ふっきれた感じがします。

「自分を必要とされてるからやるんじゃない。自分が必要としてるからやる。」

「何するかじゃなくてどうするか」

自分の音楽も、自分の人生も、主人公は私なんです。

そう考えるようになったら、ちょっと肩の力が抜け始めました。


ただ最後のMoment's Noticeはやばかった…。普段倦厭して弾かないとああいう風になるですね。くやしいなぁ。


まぁ精進します。というか色々楽しもう。それが一番なはず。


PS.k都君、ホストお疲れさまでした。

レガート

昨日の夜、寝る前に考えたんですが、ベースの四分音符とドラムのレガートを交換して練習したらどうなるんでしょうか?

あんまりやったらおかしくなりそうだけど、相手が今まで居た位置を体感するにはいいかもな、と思いました。

一緒にやったドラマーについて、スウィングとか、フロントやバッキングに対してどんな反応をするかとか、フィルとか、自分との相性とか色々考える訳ですが、実際にドラマーを体験すると何かつかめるんでしょうか。

学部の教授に「絵を研究したかったら、実際に描くのが一番」と言われました。

なるほど。日本美術史のレポートを書く時、何となく素描したらちょっと方向性がつかめました。

自分の曲にコード付けたら、訳わかんないメジャーとマイナーが混じった曲でも「やだな」って思わなくなりました。
「音楽理論もあるだろうけど、ジャズスタの作者はこういう和音にしたかったんだろうな」って考えるようになりました。


発想の転換や視野を広げるのは大切ですね。



百万遍の石垣の角で待ち合わせ

京大に行ってきました。でもJAZZ関連ではありません。

そこに至るまでの経緯を書くのが面倒なのでかなり端折りますが、リツメイで4年間学士をして、今、修士2回生でいらっしゃる京大の方とお話しできる事になったのです。

そこで人間・環境学研究科の研究室に行って、先生の事や、院試について色々教えていただけました。

あと院試過去問もコピーしてきました。

なんかリツメイとずいぶん違うなぁと思う点から、自分の進もうとしている道のシビアな面と、楽しそうな面を、断片的にですが観る事が出来ました。

とりあえず「京都国立博物館は要チェック」です。

それから英語、古語、くずし字という、「私にしてみたら3つの言語」をちゃんと習得する必要があるのもわかりました。

大変そうだけど面白そうです。テスト(学校のテストと院試)自体は嫌ですが…。


そういうわけでテンションが上がり、先輩とお別れしてからは河原町の本屋さんに行きました。

『冨嶽三十六景』の図版とか買ってしまいました。(全然京博関係ない。あはは)

さぁ学士の期間は あと1年半です。
来年の10月くらいには進路決まってるといいな。


研究もJAZZも楽しんでやろうと思いました。










新しい曲

人よりちょっと早めにテストとレポートの一段落がつきました。

なので鬱屈した思いを晴らすべく4ホールへ。

最近ずっと頭の中でぐるぐる廻っていた曲を譜面に起こす事にしました。

恥ずかしながら、自分の曲にまともにコード付けて楽譜にしたのはこれが初めてです。しかもテーマだけですが。

で、出来た曲をみるとdancing puppetとwalking snufkinを足して二で割ったコード進行になりました。

和音の使い方は参考したのですが、同じ感じにするつもりはありませんでした。


が、三曲ともCマイナーキーというかE♭キーというか…。

それにA♭mM7が好きなんです。

あとCマイナーキーの曲の終わりにD♭M7がくるのとか好きなんです。


そしたら似るよなぁ…。


一方見方を変えると、「なんか好きな音楽」というのが私の中に根付いてて、それに当てはまるからdancing puppetをライブでやったり、あんな曲ができたのかもしれません。(sunufkinは自分で選んでないけどやっぱり好き)

そういえば久石譲さんの造る曲も好きなんですが、それらの幾つかがA♭mM7の分散を基本にしているの事に今日気付きました。遅っ。


まぁそれはともかく、初めてちゃんと形にしてあげた曲なので大事にしようかなという気になりました。

いつもは「私にとっていいメロディーだったら譜面にしなくても覚えるでしょ。忘れて思い出せなかったらそこまでの曲」と、崖に我が子を落とす獅子の様なことをしてました。

前よりはコードの知識がついて曲を完成させる意欲が湧いた、ってのもあるかもしれませんが。

頭の中で鳴ってた音を外に出しちゃうのはすっきりするなと思いました。
日記書くようなものでしょうか。


あとは、どうベースを弾くかが課題です。












リベンジ

してきました。

夷川通りのとある雑貨屋さん&ギャラリーで、古い建築物の活用についてお話を聞かせて頂きました。
自分なりのフィールドワークです。

京都に憧れてRitsに来た訳ですが、実際に住んでみると京都観も変わってきます。

でも今日のお話を聞いていたら、形だけの古都じゃないんだなぁというか、「形だけに留めてはならない」という京都に住まう方の気持ちを知って、自分の何だかもやもやしていたものがちょっと払拭されました。

全ての京都の方がこうではないんだろうけど…。


まぁともかく色んな意味で一歩前進しました。


ちなみにこのレポート締め切りは明日の17時です☆
2限にテストあるけどね。

レポート地獄

博物館概論Aのレポート終わったー!

普段博物館行って注意して観てた事 書いたら良かったからやりやすい!

けど2時間半。思ったより時間かかった…。

ブログみて2月からどこの博物館来館したかチェックしたんだけど、わりと行ったんだなぁ。ブログにも書かなかったとこあるし。

にしても日記って偉大だ。
つけてなかったら、部屋の各地に散ったパンフレットやチケット探しに苦労してたはず。


次はカウンセリング論のレポートです…。


美味しい紅茶が飲みたいなぁ

昨日はGreenwich houseでライブをしてきました。

1stステージは緊張しましたが、2ndは楽しめました。

色々失敗やらかしてしまいましたが…。

以学館ライブから昨日まで、一連のライブを経て楽しみつつ、反省点とか今後の課題とかが見えた7月でした。

でも一番言えるのは、沢山のお客様やメンバーに感謝したいという事です。

拙い演奏ですが、ちょっとでも楽しんでいただけたらベーシスト冥利に尽きます。



ちなみに今日吹奏楽の渉内さん、交響楽団の渉内さん、学生オフィスのS村さん、中央事務局のChiちゃんと会議をしました。

部員100人を越える音楽系団体、その部屋割りはいかに!?

って内容で、主に実情報告と後期の開講期予約について。

簡単に言うと、どの団体がどうやって練習室を確保するか。


他大学の状況を考えるとリツメイは恵まれていると思いますが、ここであんまり無欲だと今後何かあった時困るし、最低限の部屋数は欲しいので自己主張(自団体主張)はしときました。

だって合奏の日以外、練習室込み入ることなさそうじゃん…。

まぁ「お前はリズム隊で練習室使わないから、俺らの苦労知らないんだよ!」と言われたらそれまでなんですが。
練習室の使用状況を詳しく把握してない事に内心焦りました。(会議中)

4ホールに行っても、普通にしてたら練習室は顔出さないもんなぁ…。

これからは定期的に部屋覗きに行こうと思いました。



そんなこんなの一日でした。 ジャズクラブ一般予算の増額オメデトウ!





迂闊な行動して人様に迷惑かけてしまった。

ほんとに自分の幼稚さが情けなくなります。

20年生きて、あのフィールドワークはないだろう。



次回で挽回します!


ライブ宣伝

7/17(火) at 河原町Greenwich House
不働祐子(vo) 小場真由美(pf) 遠藤詩織(ba) 山田さゆり(ds) 

でやります。もしお暇でしたら是非お越し下さい☆

好きな事

今日はちょっと遅めに起きて、英語のテスト勉強して、大学の補講出て、5大聴きに京大まで行きました。

よろしくない事ですが、どうしてもダークには間に合いたっかったので
(ダーク、ラッシュ、サドハド、セレクションの順でした)


補講は途中退出してしまいました。

そもそも「補講は出席取らないから、出ても出なくてもどっちでもいい」と先生は仰ってました。

でもそれは一番好きな先生の美術史で、休みたくはありませんでした。



結局ぎりぎりまで講義聞いて、なんとかAトレには間に合いました。


こういう行動は自分の中の優先順位が現れるのだろうか。

将来は学芸員になりたい。でも音楽のない人生は嫌。


そういう思いが、人生懸けての研究テーマを日本文学に囚われず『文化と人間』というものに向けてくれたんでが、なかなか目先のことで焦ってしまいます。


5大と須賀先生の授業がかぶった事が不運だった、と割り切ったらいいのでしょうか。

来年はあの先生のする、色んな大学の講義を潜りに行こうと思いました。


でもまあそれはそれとして、やっぱり各大学の演奏が聴けて良かったです。楽しかった。

出演者のみなさまお疲れさまです。素敵なライブをありがとうございました☆






ベースと二人旅

大阪音大までリハしに行ってきました。

音大のベースは借りられないそうなので自分のを持っていきました。

雨降ってました。

西院と庄内の駅はエレベーターもエスカレーターも在りませんでした。

十三で乗り換えればいいものを、間違えて梅田まで行きました。

庄内に降りてから音大までの道を間違えました。

自分はいいとしてベースが雨ざらし。


まさに地獄絵図。



ちなみに大幅に遅刻してしまったので、合わせられたのは40分くらいでした。

ちなみに今日が初合わせです。楽譜もらったのは一昨日。

ちなみに今度合わせるのは来週火曜の本番。

ちなみに月曜は外国文化講読(平たく言うと英語)と教職の最終講義日試験。

けへへへへ。笑っちゃうね。

でもプロの人達のライブ準備ってこんなものなんだろうなぁ。

荒玉さんはいつもどんな打ち合わせしてるのかな。




「駄目だと思ったら駄目になるよ」って、ライブを不安がった後輩に言った事があります。


去年の磔磔ライブ中、「何とかなる」と自己暗示したら腱鞘炎の腕でもヒーツオン弾けました。


そんなもんでしょう。人間て。


「全部結果論やって。終わってからわかる。やってから、やって良かったって思えるって。」
一年前ある先輩に諭されました。


よし 今から英語やるか!










もうじきライブとテストだよ

昨晩から今朝に架けて、京大のお兄さま方二人がうちにいらしてました。

私の記憶としては、会話の1/3が以学館ライブの反省で、1/3が青春的人間関係のお話で、1/3がしょーもないやりとりだった気がします。

結局の所まじめで且つ残念(+変態)な人達なんだなぁと思いました。
私はアレに染まらないようにしよう。

ちなみに以学館ライブの録音を聴くのは結構苦痛でした。

自分の至らなさが耳についてしょうがない。

リベンジしたい! と言ったら4ホールライブに出る事になりました。
ありがとうございます(>_<)



一晩かけてそういう事をして、朝からインターンシップで和紙と糊を扱って、それ終わったら河原町の本屋でレポートの材料探して、大学帰ってからベース弾いたら頭痛くなりました。

体力無いなぁ。


あ、全然関係ないけど高村光太郎の『智恵子抄』(文庫本)を購入してしまいました。
自分から詩集買ったの初めてだ。








芸術

ある友人が自分にとって芸術とは真善美が伴うものだと言ってました。

JAZZや椎名林檎が流れている中、浮世絵の写真集を見ていると言うと、なんとも奇妙に思う人がいるかもしれませんが、現代に生きる私には色んな時代の芸術が自分をつくっている気がします。

最近タイムマシーンを渇望しています。

色んな時代の「昔」を観てみたい。


ほんとは、ちょっと前の自分には目を向けたくない。

でもちゃんと前をみて生きるようになりはじめました。


私には私の道がある!





3夜連続ライブ その2とその3

以学館ライブが終わりました。

それから昨日はスターバックス草津店で、30分程の七夕ライブをしてきました。


今回演奏者として思ったのは、私の人生のなかで、20歳の、7月の、5日、6日、7日という時間を、好きな人達と好きな音楽をして、それをお客さんに楽しんで頂けたことに感謝したい というものです。


ライブ運営者としては…。もともと渉内ってライブに関して決まった仕事がないから、やる事は自分で探してやったんだけど、私のした事って実際どうだったんだろう?と思ってしまうことも。T部ちゃんの働きぶりを見てて頭が下がりました。
まあ今回はこれでいいかな?


ちなみにスタバの「あずきフラペチーノ」というものを昨日初めて飲んだのですが美味しかったです。


これにて3日間のライブは終了いたしました。

来てくださったお客様、差し入れしてくれたU、一緒にライブしてくださった方々、本当にありがとうございました。



3夜連続ライブその1

以学館ライブ1日目。

感想は 夜中に食べるセブンのとろろソバはこんなにも美味しいのか、って感じです。

明日もテンション上げていきましょー

主に睡魔が悪い

父の実家にはげんなり寿司というものがあります。

それは関係ないとして。最近げんなりする事。

1、明かりをつけっぱなしにして床で寝てしまう。気付いたら朝5時。

2、本気で聞いていた授業でいつの間にか寝ていた。夢の中でも授業を受けてた。

3、チャリこいでて曲がろうとしたらバランス崩してサドルから落ちた。

4、右腕が痛い。もういい加減腱鞘炎にはなりたくない。


こんな人間でも夏には教習所に行かなければなりません。まだ申し込みしてないけど。

免許取っても、助手席に載ってくれる様な勇気ある方はいるんでしょうか。

夢はJeannineかけながら夜の名神を運転する事です(笑)

まあ人に乗せてもらう方がずっと好きですけどね。




存心館801

学芸総部の総会に出席しました。

リツメイJAZZじゃない方にはなんだそりゃって感じですが、簡単に言うと、サークルの自治組織の反省会&大学と学生の対決に向けた準備、みたいなものでしょうか。なんか語弊のある言い方ですが。

今年は芸本ではなく、JAZZ幹部として出席だったので気楽でしたが、今年のてんぱっている芸本役員を見て「うちらもあんなだったなぁ」と思い出しました。

準備の手際が悪くて、後期総会の前日は芸本BOXに泊まったなぁ。

衣セミに行った事ないくせに、学生会館で夜を過ごした学生はあんまりいないと思います。

今年の芸本の内情はよく知らないけど、みんな頑張れーって感じで傍観してました。

学生自治って大変だけど、ちゃんと一致団結できたら色々状態は変わるんだろうな。

06年度の課題を今年の子に引き継がせた身としては、部内で少しでも学友会の事を知ってもらえる努力をしたいと思いました。













Top

HOME

shiitan

Author:shiitan
大学M1生。雑貨やガラス好き。ジャズクラブでウッドベース弾いてます。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。